じぶんとの時間、ありますか?

日記
12 /04 2016
今日、絵日記のほうにも書いたのですが、自分との時間を大切にしようとすると、他の人のことを考えない時間が必要になるな、と思ったのです。


わたしたちはみんな、いろんな「他の人」と時間を共有しますよね。
仕事、友達、家族、などなど。
わりとひとりでお家にこもりがちな生活の方でも、お店に行けば店員さんがいるし、宅配なら届けてくれる人がいるし、インターネットでコメントをやりとりしたりするのもある種の時間の共有ですよね。

そんななかで暮らしていると、頭の中にはいつも「誰かの目」があって、「こんなことすると(あるいはしないと)こう思われるかも」とかなんとか、「他人の目」というフィルターをかりてきて、つけてみて、自分を見張って、裁く。という、なんともやるせないことを日常的にしてしまう傾向があるように思います。

しかもその「誰かの目」の「誰か」は、わたしの大切な、大切な、人たち、ではないことがほとんどです。

人間関係に「友達」とか「親友」とか「知り合い」なんて形をつけるのがとても苦手なわたしなのですが、それでもまぁほんの数人、なにをさておいても大切にしたいような人がいます。

その「大切な人」が「これをやったら、わたしのことこう思うかしら?」とか考えることって・・・・ないです。

だって、「わたし」を受け入れてくれている、って信じているから。

なにをしても、しなくても、わたしはただのわたし、って思ってくれている、と信じてるから。


なのに、わたしは、それ以外の人たちを、「誰かの目」
つまりわたしを見張って裁くもののように疑っているのだなぁ、と今、申し訳なくなりました。

たとえば、めったにお会いしないものの、なにかの機会に顔をあわせれば「久しぶり!」と笑顔をくれる人。

たとえば、インターネットでしかお付き合いはないものの、優しい言葉をかけてくれたり、わたしの創作をたのしんでくれたりする人。

そういう人を、勝手に、意地悪な人に、わたしの頭はしたてあげることがあります。(ごめんなさい)

思考、エゴ、意識、いろんな言い方があるけれど、
頭。
頭で考えることは、時として、わたしを守ろうとしすぎて暴走してわたしを傷つける。


なにより、笑っちゃうけど、自分が自分を、
「なにをしても、しなくても、わたしはただのわたし、って思ってくれている、と信じてない。」

そう、実はわたしが、「誰かの目」と感じている、見張って裁く「目」は、
「わたしの目」なんです。

だから、みんな意地悪、みたいに感じてしまうことがある。
だから、自分も裁かれてるから誰かのことも裁く。
だから、わたしはいつも、人がなにを考えているのかわからなくて、さびしくて、悲しい。

違う。
わたし、わたし、わたし!
全部、わたしに対して、思ってることなんです!

他の人は関係ないんです!

「わたし」が意地悪、みたいに感じてしまうことがある。
自分も裁かれてるから「わたし」のことも裁く。
わたしはいつも、「わたし」がなにを考えているのかわからなくて、さびしくて、悲しい。



・・・そういうことに気づいて、考えるのをなるべくやめることにしました。
「考える」という方法では、「わたし」と交流することはできない、と気づいたから。

自分と向き合いたい時、
自分と仲良くしたい時、
自分を信じたい時、


そう、リー師匠のあの言葉、

「考えるな、感じるんだ」ですよ。

生きている、息をしている、血が流れている、おなかがすいている、
この「わたし」を、ただ、ただ、感じて、

ただ、したいことをすればいい。見たいものを見ればいい。それが、自分と交流することなんじゃないかと、思うようになりました。

今から完全に「考えない」っていうのは難しいかもしれませんので、もしよかったら、毎日ほんの少しの時間でも、自分の存在を感じて、自分と交流してみませんか。

なんかね、けっこういいものですよ。
とってもラクで、安心で、心強い味方ですよ、自分って。
しかもですね、ずっと「なりたかった自分」みたいなんです、感じる「自分」って。

そんな「考える」をてばなして、「感じる」自分が見る世界は・・・
みんな優しいなぁ。
みんな美しいなぁ。
なんか嬉しいなぁ。
なんかそういう感じです。

わたしもまだまだ実験中、
どんどん考えるのやめて感じてみますよ〜!
ぜひご一緒に!



いいことしかないよ!




おとなのための子供番組、YouTubeチャンネル「コブタTV」こちらでのんびり放送中です〜☆

コブタ関係のあれこれをまとめたホームページ、こちらにあります〜☆






スポンサーサイト

武内香菜

25歳くらいの頃漫画家デビューして、3年間ほどホラー漫画を商業誌にて連載後、うつになり1年間ほど療養。
友人の映像制作会社立ち上げを手伝うなかで会社設立の流れを学び、2003年に(有)ユーデンフレームワークス を設立。在籍中に北米で漫画単行本を三巻出版。2011年講談社アフタヌーン誌にて四季賞を受賞。他、映像作品のキャラクター、衣装デザイン、企画用イメージイラスト作成などの機会をいただいていました。代表取締役として10年間勤務した同社を2013年退職。
今までの人生、いろんなことをやったのに、何がしたいかわからない自分に3年間みっちり向き合った後、2016年7月からYouTubeにて「コブタTV」というおやすみ前の3分間癒し番組を始めました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。