スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

YouTubeにさみしいわたしの居場所を作りたい(3)

YouTubeにさみしいわたしの居場所を作りたい
08 /03 2016
YouTubeにさみしいわたしの居場所を作りたい(1)から読んでいただけるのはこちら

ひとつ前はこちら



「自分がどう見られているか」という意味の「自分」はいらないなぁ、捨てよう、と決めたわたし。

こうして一列の言葉にできて、うんうんうなづいている自分にビックリするくらい、自意識はわたしにとっていちばん大きななにかでした。

自意識、余計なお世話ながら、ホント捨てることをオススメしたい。
人間ですから全部は無理ですが、自分で持て余しているな、って感じる部分だけでも。
ラクだよ〜、もともとあまり強くない人にはピンとこないかもなんですが、ホント、全然違う。

自意識しんどい、と思っている方にオススメのはじめの一歩は、「人を裁かない」ってことです。
他人の罪や、出来事や、言葉に、マルとかバツとかつけない。
そう心に決める。

マルとかバツとかつけると、人って自分にも同じ裁きをするらしいです。
たぶん潜在意識は自他の区別がない、っていうアレのようなものだと思うのですが、人を裁けば裁くほど、自分をがんじがらめに縛ってしまって、その苦しさつらさから「わたしはちゃんと正しいことをしているんだから人もそうでなくてはいけない!」って裁いちゃう。

その地獄ループを断ち切るには、裁かない。
人も、自分も。

わたしの場合ですが、モヤ・・・とし始めたら唱えるように思っていました。
「人は人、わたしはわたし、みんな良いも悪いもない、ただ一生懸命生きているんだ」
そう思うと、自分が必死で苦しい分、世界中の他人が、みんな同じように必死で苦しい同志のように思えました。

とりあえずなまとめ方をしてしまいましたが、とてもラクになるので、ちょっと頭の端に置いといてください。
苦しくなった時に、何かのヒントになるかも。


すみません、脱線しましたが、自意識を捨て始めることのできたわたしは、元に戻らないように、さらにいろいろ捨て始めました。
*かわいくふわふわに見せたくて着ていたお洋服
*優しい顔に見せたくて使っていたお化粧品
*価値がない、と思われないように精神を集中させて人と関わること
*心を読まれまいとすること

書いてて恥ずかしいです。
しかもなんだか言葉じゃないけどウソついててごめんなさい、って思いました。
せっかくわたしと関わろうとしてくれていた今までお会いしてきた人たちに、わたしはガチガチに力の入った、無理無理な自分しかお見せしてなかったんだなぁ、って思いました。
ごめんなさいね、
もしまたお会い出来る時があったら、いわゆるひとつのありのままのわたしでお会いします。

あ、お洋服やお化粧はお好きでやっている方はどうかやめないで。無理している方はこの機会にラクで自分が嬉しい方向に変えてしまうのも人生の楽しみでいいんじゃないでしょうか。


まぁそういうわけで、この時点でわたしの心はずいぶんさみしくなくなっていました。
コブタも心にいつもいます。
美味しいものを食べたら「ブヒョ〜美味しいブ〜」
困った時は「困ったブー・・・でもブタだからわかんないブー!」
ちょっとおバカで陽気でのんきでいてくれるブタに影響されて、わたしも陽気な時が増えていきました。
一人でいても。

その間も、探す日々でした。
なにかしたい、夢中になれることを見つけたい、ちょっと苦しい人や疲れた人そしてわたしがホワ〜ンとできるような場所を作りたい、わたしにできることはなんだろう、したいこと、好きなこと・・・漫画を描く、人形や工作、簡単な動画を作ったり、絵を描く、お話を作る、デザインする・・・でも全部独学、っていうか勉強したことはないんだよね〜、ただとにかくやってみてるだけ、って感じで、ちょっと器用なだけで・・・

安定の落ち込みループに陥りそうになりましたが、アイデアってずっとしつこく考えてたものが頭のあちこちに保管されていて、ある時突然結びつくそうです。


全部まとめて番組みたいにしてみよう

人形も、漫画も、絵も、お話も、コマ撮りアニメも、居場所も!


あっ、ハマった!とホント月並みですがパズルのピースがパチンとハマった感じがしました。



つづく

コブタTV(よろしければごらんください)



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

武内香菜

25歳くらいの頃漫画家デビューして、3年間ほどホラー漫画を商業誌にて連載後、うつになり1年間ほど療養。
友人の映像制作会社立ち上げを手伝うなかで会社設立の流れを学び、2003年に(有)ユーデンフレームワークス を設立。在籍中に北米で漫画単行本を三巻出版。2011年講談社アフタヌーン誌にて四季賞を受賞。他、映像作品のキャラクター、衣装デザイン、企画用イメージイラスト作成などの機会をいただいていました。代表取締役として10年間勤務した同社を2013年退職。
今までの人生、いろんなことをやったのに、何がしたいかわからない自分に3年間みっちり向き合った後、2016年7月からYouTubeにて「コブタTV」というおやすみ前の3分間癒し番組を始めました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。