スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

YouTubeにさみしいわたしの居場所を作りたい(8)

YouTubeにさみしいわたしの居場所を作りたい
08 /12 2016
YouTubeにさみしいわたしの居場所を作りたい(1)から読んでいただけるのはこちら

ひとつ前はこちら



昨日の記事で自分の恥ずかしい思いを書き出したことにより、その後ずいぶんすっきりした気持ちで考えられました。
う〜ん、やっぱり創作の問題はわたしにとって根深いんだなぁ〜。

少し前の記事にも「プライドを捨てる、どう見られるかを気にしない」という関係のことを書いていて、ある程度人の目も気にならなくなったし、ずいぶん楽になったよなぁ〜と思っていたのですが、それは「創作以外」の部分だったみたいです。見た目とか、人間関係とか、日々の暮らしの中の考え方とか。

創作・・・描くこと、作ること、は、わたしにとって確かに人生の中の他の要素とはまったく別の・・・いや、人生の中で特別に大切なことみたいです。

でもそれならなおさら執着はしたくないなぁ。
きっと今まで無我夢中で徹底して集中しなかったから、わたしの中の創作に対する情熱のようなものがくすぶっているだけなんじゃないかしら?

いわゆる、かなわなかった恋は忘れられず、ずっと身を焦がすことになるような。

だったら、今、思いっきりやるだけやってみて、思いを昇華させてあげよう。

ずっと、一生やろう、ここしかわたしにはないかもしれない!みたいなことになると、やたら人生という言葉は心に重くのしかかってきて、この形じゃだめかも、とか、よりよくしないと!って身構えがち。

もっと軽くていいのかもしれない。

だって重たく見える人生、でさえ、結局今の積み重ねで、長く感じるの、気のせいなんだもんね。今しかないもんね。

気張りすぎなんじゃないかしら。創作に対して。

なにかを描くって、ものを作るって、楽しいね!
・・・それだけじゃだめなのかしら、わたしは。

そもそも「それだけ」って、本当に今まで一度でも、「なにかを描くって、ものを作るって、楽しいね!」って、全身全霊で楽しんだことがあるのかしら・・・?


あ、そうかぁ、だからコソコソしていたのかもしれない。
「これかなぁ〜?・・・あ〜違うかも・・・わかんないな〜・・・」っていつもうつろだったのは、本気で楽しもうとしたことがないからかもしれない。
「楽しい」という気持ちは、どこからか与えられるものであって、意識的に「楽しもう!」なんて思って動くものじゃないでしょ?って思ってた。
だから楽しいのか楽しくないのかよくわかんなかったのかもなぁ。
違うんだ、楽しい、楽しむ、って、もっと自発的なものなんだ。


「楽しむ」って、愛と似ているのかもしれない。
もし持っていないと思っていても、あるもの。
与えられるもの、人にも自分にも。
楽しいかどうかじゃなくて、自分から、楽しめばいいだけなんだ。
最初はヘタクソかもしれないけど、楽しむことだって、やればできる、慣れればカンタンに自然にできることなんだ。

そうかぁ、そうかぁ、わ〜すごい納得した!




YouTubeにさみしいわたしの居場所を作りたい、と思った。
ほかにもきっと、同じようなさみしい思いを抱えている人がいたら、その人にも「居場所があるよ」って言ってあげたいと思った。
でもそれは永久的に絶対な場所でなくてもいいのかもしれない。

ちょっと寄り道してもらえるような。
人が皆、それぞれしか歩めない道をひとりひとり歩いているなかで、「わたしの世界」という休憩所に寄って、一息ついてもらえるような。
それでいいのかもしれない。

だから「天国つくらなきゃ!」じゃなくて、わたしが天国にいればいいんじゃないかしら。
夢中で遊んで、本気で楽しんで、キャッキャと笑っていれば、そこは天国で、誰かにも一緒に楽しんで、笑ってもらえるんじゃないかしら。

そうやって今を本気で楽しんでいけば、あれこれ恥ずかしく思ったり気にしていたことなんて、いつのまにかどうでもよくなっていくような気がします。
それどころじゃないもんね、きっと。

慣れもあるし、クセもあるからね、少し疲れた隙に、またついついクヨクヨし始めた時は、まずは少し体を動かして、プライドや自意識におどらされるほど暇なら、今できるおもしろいことを考えようよ!

「まわりのことより、まずは真ん中の”それ”を震えるほどに楽しんでごらん。ほら手を動かして、つられて心も動かそう!」



つづく

コブタTV(よろしければごらんください)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

武内香菜

25歳くらいの頃漫画家デビューして、3年間ほどホラー漫画を商業誌にて連載後、うつになり1年間ほど療養。
友人の映像制作会社立ち上げを手伝うなかで会社設立の流れを学び、2003年に(有)ユーデンフレームワークス を設立。在籍中に北米で漫画単行本を三巻出版。2011年講談社アフタヌーン誌にて四季賞を受賞。他、映像作品のキャラクター、衣装デザイン、企画用イメージイラスト作成などの機会をいただいていました。代表取締役として10年間勤務した同社を2013年退職。
今までの人生、いろんなことをやったのに、何がしたいかわからない自分に3年間みっちり向き合った後、2016年7月からYouTubeにて「コブタTV」というおやすみ前の3分間癒し番組を始めました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。