スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未来も捨てちまえぃ

日記
08 /23 2016
日々のものごとに直面して気づく、自分のことがたくさんあります。
今日は、わたしがいかに未来、先々のことをあらゆることの選択基準にしていたかを思い知りました。


今に生きる、という決意をしたと思っていたのに、わたしの意識ちゃんはそう簡単に方向転換する気はなかったようです。

「今に、生きますよ?その後起こるであろうあらゆる問題を回避できるように保険をかけながらね?」という意見のようです、意識ちゃん。
う〜ん、もう、へりくつばっかり〜!心配性なんだから、意識ちゃんたら!それ、今に生きてないし!


でも、意識ちゃんには悪いんですが、捨てようと思います、未来。


わたしは「責任」を気にしてるみたいです。
「こう言ってしまったら、起こりうることの責任はわたしにあるな」とか。発想がいやらしい。
とれませんよね、責任、けっこう、自分のことさえも。
ましてやひとの人生の責任なんて、だれもそもそもわたしにそんなこと望んでませんよね。


・・・まだ今のわたしは言葉で説明できないのですが、
なんか、もう無責任でいいな〜って思ってます。

その時心から思ったことを言えばいい。

そしたらなにが起こっても、その時のわたしは本当にそう思ったんだよ、と、誰の目でも見て、はっきり言えると思うのです。

だから、責任とれるかどうかを考えながらうわのそらで話すのをやめよう、
ただ、ひたすらに、その時だけは無心に聞いて、無心に話そう。

それが今を、その人とのその一瞬を大切にしたコミュニケーションになるんじゃないかなぁ、って思います。

「あなたあの時こう言ったじゃない!」って言われたら、
「あの時本当にそう思ったよ、今はこう思っているよ」って、また、今を大切にすればいい。

とれるかどうかわからない責任なんか感じて、あれこれ考えながらのコミュニケーションを。もう捨てよう、と思いました。


そしてそれは、よくわからない未来を想定してあれこれ考えながら、生きるのを、もう捨てよう、につながりました。

同じな気がするから。
ひととのコミュニケーションも、
自分とのコミュニケーションも。

ひととは、ただ、ひたすらに、その時だけは無心に聞いて、無心に話し、無心に関わろう。
自分とは、今、この時、本当にそうしたいと思うことを、ただひたすら無心にやればいい。

だからもう、未来なんか、捨てちまえぃ!と思ったしだいであります、本日のわたくし。


コブタTV(Youtubeです。よろしければごらんください、チャンネル登録もぜひおひとつ。)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

武内香菜

25歳くらいの頃漫画家デビューして、3年間ほどホラー漫画を商業誌にて連載後、うつになり1年間ほど療養。
友人の映像制作会社立ち上げを手伝うなかで会社設立の流れを学び、2003年に(有)ユーデンフレームワークス を設立。在籍中に北米で漫画単行本を三巻出版。2011年講談社アフタヌーン誌にて四季賞を受賞。他、映像作品のキャラクター、衣装デザイン、企画用イメージイラスト作成などの機会をいただいていました。代表取締役として10年間勤務した同社を2013年退職。
今までの人生、いろんなことをやったのに、何がしたいかわからない自分に3年間みっちり向き合った後、2016年7月からYouTubeにて「コブタTV」というおやすみ前の3分間癒し番組を始めました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。