スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正直にはずかしいことを言ってみる

日記
08 /29 2016
先日頼まれごとをされたんですよね。(これ日本語あってるかしら?)

その時、まぁ内容的にはわたしに無理のない範囲だったらオッケーよ、ってことだったんですが、
どうも胸がざわざわしてしまって、なんかスッキリしない感じだったので、どういう反応をいただくかはわからないけど、言ってみよう、って思ったんです。

「結論としてはオッケーなんだけど、それはわたしが誰かにそうしてほしい、と思っていることなので、ずるい!わたしがそうしてほしいのに!って思ってはいるよ」って。

でね、「今困っているの?」って聞かれて、それは、「ううん、困ってない」って答えたんです。
実際いまわたしは何も困ってない。
しいていえば最近立場が脅かされて、猛烈に荒ぶっている意識ちゃんのことは困ってるけど・・・

とか考えていたら、なんか、「ずるい!」って思ってたのが、口に出しちゃったことで成仏しちゃったような。

なんか、もうあんまりずるいって思ってないなぁ・・・ってちょっとちからが抜けるのを感じました。



わたしはかなり小さい頃から
「守られたい、包まれたい、安心させてほしい、ほめてナデて甘やかしていてほしい」というとってもとっても大きな願望があったのですが、それは早くに父親を亡くしたせいかな?って思ってたのです。

でも、最近冷静になけなしの記憶から自分の父親がそんなに頼りになる、大きな広いあたたかい存在だっただろうか?と思い出していたのですが、
・・・うん、ちょっと違うかも。
いや、とても素敵なひとでした。
お金持ちの末っ子で、なーんにもできないチャラ男で、お母さんにお見合いで一目惚れして、結婚を機にようやく働き出して、37歳で胃がんで死んじゃった、とっても可愛い人でした。
わたしはお父さんの笑ってる顔しか覚えてません。
それさえ、写真のお父さんを覚えているだけなのかもしれないくらいのあやふやな思い出です。


わたしはその、守ってほしい、包んでほしい相手が誰なのか、わからないのですが、もしかしたら、それは自分ですらなくて、なんていうかその、神様とか、宇宙とか、大地とか、いろんないろんな表現があると思うのですが、なんかそういう、今の私には全然ピンとこない、大きなものなのかもしれないなぁ、と思い始めたのです。

しかもそういうのって、もうすでに守られていて、包まれていて、安心してよくて、ただそこにわたしをホメてナデて甘やかしてくれる「手」のようなものが、すでにあるって、思えばいい、いや、気づけばいい?って感じなんじゃないかなぁ・・・・と、今日はいつもにもましてあやふやな文になってしまうのですが、
その「手」の存在をただ信じれば、それが思考が現実をつくるようななにかにつながるんじゃないかなぁ・・・と・・・

うーん、まだむずかしいかも!
わかんないや!


でも、「ずるいよ、わたしがたすけてほしいのに」って言えたこと。
わたしにはものすごく大きいことだった。
なんだか嬉しいような。
はずかしい、くやしい、歯をくいしばってきたようなことを、ぽろぽろと口に出してみるの、いいかもしれません。
なんか、思ってたより、言ってみると、たいしたことじゃないな・・・ってちからがひとつ抜けることもあるかも。

ちょっと試してみませんか。



コブタTV(Youtubeです。よろしければごらんください、チャンネル登録もぜひおひとつ。)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

武内香菜

25歳くらいの頃漫画家デビューして、3年間ほどホラー漫画を商業誌にて連載後、うつになり1年間ほど療養。
友人の映像制作会社立ち上げを手伝うなかで会社設立の流れを学び、2003年に(有)ユーデンフレームワークス を設立。在籍中に北米で漫画単行本を三巻出版。2011年講談社アフタヌーン誌にて四季賞を受賞。他、映像作品のキャラクター、衣装デザイン、企画用イメージイラスト作成などの機会をいただいていました。代表取締役として10年間勤務した同社を2013年退職。
今までの人生、いろんなことをやったのに、何がしたいかわからない自分に3年間みっちり向き合った後、2016年7月からYouTubeにて「コブタTV」というおやすみ前の3分間癒し番組を始めました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。